教育体制

教育に対する考え方

当院の看護教育は、看護師一人ひとりの看護実践能力の質の向上を図ることを大切にしています。また、職員が協力して、看護師の個々の自立性・主体性を養う教育を目指しています。

2

ラダー別教育制度

医療法人 悠紀会病院 看護師ラダーレベル別 教育目標表

レベルⅠ

*経験1~3年

レベルⅡ

*経験4年~

レベルⅢ

*副主任・主任

レベルⅣ

*師長

目標 1.法人の理念・組織を理解し、医療人としての役割を理解できる。

2.基本的な看護実践・看護過程の展開ができる。

3.チームの中での自身の役割と責任を自覚し、行動できる。

4.自己の課題を発見できる。

5.研究に参加することができる。

1.日常的に必要な看護実践が単独でできる。

2.リーダーとしての役割を遂行できる。

3.自己の課題達成に向けた教育活動を展開できる。

1.モデル的な看護実践の教示ができる。

2.専門的な能力を必要とされる役割、

3.指導的役割(教育委員、リスクマネジメント等)を遂行できる。

4.自己の教育活動に積極的に取り組むことができる。

5.指導的役割を実践できる

1.所属を越えて、看護部・施設より求められる役割が遂行できる。

2.部下のキャリア開発支援ができる。

3.倫理的知識と実践的知識を応用し、効果的に実践できる。

4.組織的研究活動が実践できる。

1 健康管理ができる。

2.正しい言葉使いと適切な接遇ができる

3.お互いを尊重した人間関係をつくることができる。

内容 入職時、入職後オリエンテーション及びグループワーク

  • 症例検討“誤嚥性肺炎患者”(7月)

3.院内研究メンバーとして参加

4.“感染”“記録”についての院外研修

  • 症例検討(5月)
  • グループワーク(8月)

“リーダーの役割と機能について”

3.院内研究主要メンバーとして参加

4.委員会メンバーとして参加

1.症例検討(6月)

2.グループワーク“部署の課題の明確化、及び問題解決方法”(9月)

3.院内研究メンバーへ指導・助言

4.リーダー研修(院外)

5.学会参加

6.人事考課者研修参加

1.グループワーク

2.“目標管理の考え方”(11月)

  • 院内研究メンバーへ指導・助言

3.人事考課者研修参加

1.接遇教育 2.倫理観教育 3.メンタルヘルス

 

4

 

研修・勉強会・資格取得支援制度等

3

 

医療法人 悠紀会病院 看護介護部 年間教育・研修一覧(例)

4月 新入職員オリエンテーション研修
5月 認知症サポーター養成講座
看取り症例検討・研修会(5~7月)
6月 臨床倫理・権利擁護・患者尊厳に関する研修
接遇教育・グループワーク
7月 接遇スキルアップ研修
グループホーム体験研修
嚥下性肺炎患者看護研修(7~9月)
医療安全管理・感染防止対策合同研修会
8月 リーダー研修・グループワーク(8~10月)
医療安全管理・感染防止対策合同研修会
9月 救急蘇生訓練
褥瘡予防対策研修会
10月 入職後研修Ⅰ( 9,10月)
11月 感染防止対策研修会
12月 交通安全教育
病院機能評価研修会
感染防止対策研修会
1月 健康教育
医療安全管理研修会
悠紀会研究会(学術研究発表会)
診療報酬勉強会
2月 禁煙教育
リーダー研修(目標管理)・グループワーク
医療安全管理研修会
診療報酬勉強会
入職後研修Ⅱ(2・3月)
3月 褥瘡予防対策研修会
診療報酬勉強会