看護部チームの紹介

悠紀会病院の看護介護部は、病棟ごとにチームを組んで患者さんのケアに努めています。それぞれのチームの特徴や雰囲気をご紹介します。

2階病棟 看護チーム

2階病棟は、回復期リハビリテーション病棟(32床)です。
患者さんの多くは脳血管疾患等、骨折、廃用症候群等で入院してこられます。多職種で構成されたチームで一丸となり早期離床・在宅復帰に取り組んでおり、患者さんが元気に退院されていく姿を見送ることが、私たちの喜びや看護の達成感となっています。明るく目標をもって積極的に患者さんと関わりを持つことを病棟の目標として努力しています。私たちは「患者さんの目線でやさしく接する」「できることは患者さん自身で行なってもらう」ことを常に意識してケアに取り組んでいます。

2015106calm7086

 

 

東3階病棟 看護チーム

東3階病棟は、医療療養の病棟です。急性期病院から転院してこられる患者さんを受け入れ、一日も早い機能回復と日々のQOL向上に向けて取り組んでいます。
患者さん・ご家族の協力を得ながら、全スタッフ一丸となって患者さんのケアに取り組んでいます。私たちは、スムーズな入退院の進めながら質の高い看護を提供することを目標にしています。そして、明るく笑顔の絶えない元気な職場づくりを大切にしています。

 

2015106calm7213

 

4階病棟 看護チーム

4階病棟は、介護保険療養病棟(56床)です。
私たちの病棟の患者さんは、脳出血・脳梗塞の後遺症や認知症、その他多くの基礎疾患を持っていらっしゃいます。私たちは患者さんの日々の日常生活を大切にしたケアを行なっています。私たちのモットーは「元気に明るく向上心を持って学ぼう」です。病棟スタッフは、レクレーションチーム、口腔ケアチーム、ポジショニングチーム、医療安全・感染チーム、接遇・環境整備チームと各々の役割を分担し病棟機能の向上に努めています。また、症例・ケアの勉強会を実施して、その結果を日々のケアに活かしながら頑張っています。

2015106calm7612

 

西3階病棟 看護チーム

西3階病棟は、院内に二つある介護保険病棟の一つです。
病棟の患者さんは、脳梗塞後後遺症や糖尿病をはじめ、様々な基礎疾患を持ちながら、日常生活援助を受けていらっしゃいます。病棟はユニットに分けて職員を配置し、患者さんの状態に合せたケア体制を取っています。病棟では、認知症患者さんに対して適切なケアができるスタッフの育成を目標にしています。スタッフは幅広い年齢層が勤務しており、豊かな感性や意見を活かし、明るく元気な病棟づくりに心がけています。
2015106calm7565

 

 

外来 看護チーム

私たちは、患者さんお一人おひとりの顔が看える外来看護を目指しています。
笑顔を絶やさず、患者さんの立場に立って、安心して診察が受けられる外来看護を大切にしています。